So-net無料ブログ作成

4月7日は戦艦大和 沈没の日 [戦争]


最近、『永遠のゼロ』や『終戦のローレライ』などの太平洋戦争期の小説を読んだので

戦艦やゼロ戦に興味を持っていたのが背景にあると思いますが、4月7日というキーワードで

検索した時に『戦艦大和』がでてきたのでびっくりしました。


4月7日と、大和が関連するキーワードは、その日が戦艦大和の沈没した日だったと

いうことです。

1945年の4月7日ですから、もう68年前のことになります。

つい、何十年か前までこの日本が戦争をしていたなんて、今の時代からすると想像が

できないです。学校の授業で習っても現実味を帯びない感じ。

でも今、この現代においても中東や、アフリカなどでは戦争、内戦が続いているというのも

現実なんですね。


ウィキペディアでは、このようにあります。

『戦艦大和は、当時の日本の最高技術を結集し建造され、戦艦として史上最大の排水量

に史上最大の46cm主砲3基9門を備え、防御面でも重要区画(バイタルパート)では対46cm砲防御

を施した、桁外れの戦艦であった。』


その大和がアメリカの猛攻撃にあい、沈没してしまったのです。

もう敗戦一色にそまりつつあった日本の当時の象徴のような出来事だったのでしょう。

でも、そんな中でも特攻と呼ばれる捨て身の戦法が最後まで用いられ若くて未来ある

若者たちがたくさん死んでいったのです。


今まさに、自衛権に関する法律の見直しも検討されています。

戦争の本当の悲惨さ知らない世代の人たちが戦争に参加できる法律を作ろうとしていることに

対して、多くの反対意見も出ています。


本当にこのままでいいのか?

こういうことを考えるきっかけになればと思います。






nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。